ダニが原因の病気|猫のノミダニ問題はフロントラインプラスで解決!

ダニが原因の病気

治療薬の研究

非常に恐ろしいノミのアレルギー症状ですが、この症状は実はダニが引き起こすこともあります。
その為、ノミだけではなくダニに対しても注意を払う必要があるのですが、実はダニはアレルギー症状以外にも非常に厄介な症状を発症させることがあります。

その非常に厄介な症状というのは「バベシア症」という物です。
この症状が起こる原因というのは、ダニの中でも「マダニ」と呼ばれる種類のダニの胎内に宿っている寄生虫が寄生先の動物の体内に入り込むことによって発症するのですが、このバベシア症を発症してしまうと体内の赤血球がどんどん破壊されていってしまうのです。
その過程で非常に高い発熱を引き起こしたり、重度の貧血、血尿、元気が突然なくなるなどの事前症状が現れるのですが、この段階で病院に連れていくことによって抗菌剤による治療を行う事が出来ます。
ですが、この状態になっても何も対処をしていないと、徐々に体中の赤血球が破壊されていき、最終的に腎機能障害、肝機能障害などの症状を引き起こし、ペットが命を落としてしまう事もあるのです。

その為、もしダニを見かけたときはバベシア症にならないように速やかにフロントラインプラスなどを使用して駆除を行う必要があるのですが、間違っても体に噛みついているダニを指でつまんで除去しようとしたり、指で潰して駆除しようとはしないでください。
強く押してしまうと、体内に潜んでいたバベシア症の原因となる寄生虫やアレルギーの原因物質が体内に注射の要領で放出されてしまい、急激に体調が悪化してしまう可能性があるのです。
なので、もしも見つけた際は専用の器具を使って体に負荷をかけずに除去を行うようにしましょう。